女性芸能人の歯・画像掲示板5

女性芸能人の虫歯/銀歯/八重歯→矯正/セラミック差し歯への治療履歴画像/解説
荻野可鈴 (歯列矯正←八重歯)
【まとめ】
元夢みるアドレセンスの荻野可鈴は歯列矯正←八重歯
→ (荻野可鈴(おぎの かりん)の歯の詳細)
荻野可鈴は八重歯片側、
24歳:荻野可鈴は歯列矯正。

【最新】 荻野可鈴の歯は治療0本/歯列矯正。

【ヒストリー】
 オーディションに合格して、12歳~16歳の時、少女
ファッション雑誌の専属モデルに荻野可鈴はなり、テレビ
番組にも出演していた。
 16歳の時、荻野可鈴は夢みるアドレセンス(アイドル
グループ)のメンバーかつリーダーにもなっていた。
 上前歯と噛みあっていないので下前の歯が荻野可鈴は
長く生え、左下3番、左下2番、右下2番が舌側転位し、
右下1番が唇側転位し、左上2番が舌側転位し、左上3番
の歯が荻野可鈴は唇側転位し切端が30度唇側に飛び
出していて、八重歯だった (画像は20歳時)。
 荻野可鈴は歯列矯正をしようとしたが、ファンが反対
したので、思い留まったと23歳の時、告白していた。
 24歳の時、荻野可鈴は夢みるアドレセンスを卒業
していた (画像は24歳時)。
 その後、荻野可鈴は歯列矯正を開始し、1枚前や1枚目
と比べると明らかなように、左下3番~右下1番が綺麗に
並んでいた (画像は25歳直前)。
 歯列矯正が進展し、左下3番~右下3番の歯が荻野可鈴
はほぼアーチ形に並んでいた。
 左下4番と右下4番の歯を荻野可鈴は抜歯せずに歯列弓
を拡大して歯列矯正したことが確認できる 
(画像は25歳時)。
 さらに、歯列矯正が進展し、25歳の時、左上2番の
舌側転位と左上3番の唇側転位がほぼ直り、1枚目や
3枚目と比べると明らかなように、左上3番~右上3番
の歯も荻野可鈴はほぼアーチ形に並んでいた
(画像は25歳時)。
 1枚前とこの画像から明らかなように、左上4番と
右上4番の歯も荻野可鈴は抜歯せずに歯列弓を拡大して
歯列矯正したことが確認できる (画像は25歳時)。
 さらに1600人以上の画像や解説を見るには
■女性芸能人の歯・お宝画像■に戻る。
 http://yabuisha.starfree.jp